是非 意味。 「是非」とは?意味や使い方を解説!

是非の意味・使い方例文8コ・類語と是非との違い|是非に及ばずなど

意味 是非

「是非」の使い方は 「彼の行動の是非について考えました」のように、 「よいことと悪いこと」や 「善し悪しを批評する」の意味合いで使うことが可能です。

1

是非の意味・使い方例文8コ・類語と是非との違い|是非に及ばずなど

意味 是非

(是非) 例2:To decide about right or wrong. 「この意見についての是非を問いたい」など〇〇についての是非を問うという形が主なものです。

14

是非の意味・使い方例文8コ・類語と是非との違い|是非に及ばずなど

意味 是非

「是非を問う」の言葉の使い方 是非を問うは、個人個人に判断を仰ぐ場合だけでなく、もっと大きな意味で使うことができる言葉です。 相手がお願いしたことに対して、こちらもお願いする言葉で返すことでそこに上下関係が生まれないようにする、日本特有の謙遜の表現ですね。 …中国,儒教の主張の一つ。

「是非」と「可否」の違いとは?意味を詳しく解釈

意味 是非

こちらは「物事の可否を判断すること」となるため、上記の「1・2」の意味から生まれた言葉です。 例文5:是非行きましょう 是非行きましょうとはよく使われる言い回しで、絶対に行きましょうという誘い文句です。

20

「是非」の意味と例文・使い方・類語|是非に及ばず/是非もない

意味 是非

ちなみに何かをがむしゃらに頑張る時には「是非」という表現が使われた文の前後にもその強い意志が滲み出るものです。

7

「是非」の意味と例文・使い方・類語|是非に及ばず/是非もない

意味 是非

そこで、この記事では日本語を勉強するのが好きな筆者が、「是非」の意味にはどのようなものがあるか、またそれぞれの意味に応じた使い方を例文を交えて説明していきます。 (~しましょう)」、「Could you ~?(~してくれますか?)」などと表現します。

18