母 を たずね て 三 千 里。 母をたずねて三千里!マルコ少年の長い旅路の距離は1万2千キロ!

母をたずねて三千里

て 母 千 たずね を 里 三

マルコはラモン・メキーネスの娘イサベルと勘違いする。 途中大きな嵐にあいながらも、船はアルゼンチンの首都・ブエノスアイレスへ到着。

2

母をたずねて三千里について

て 母 千 たずね を 里 三

母をたずねて三千里 歌とBGM• なお、このクオレ(愛の学校)は、その物語の中の「母をたずねて三千里」だけでなく、クオレそのものも日本アニメーションにおいてアニメ化されており、いかに有名な原作かをうかがわせている。

7

母をたずねて三千里(アニメ)

て 母 千 たずね を 里 三

自分のことを馬鹿にされていると勘違いし、初対面のマルコにいきなりごみ箱から拾った肉を投げつけたりなど気性は荒いが、優しい心の持ち主。 いずれもアニメのテロップやセリフがそうなっていましたから、間違いありません。

2

母をたずねて三千里

て 母 千 たずね を 里 三

フェルディナンド 声 - ベルラの主人。

母をたずねて三千里で、北へ向かうのに寒くなるのはなぜですか

て 母 千 たずね を 里 三

『日刊スポーツ』1976年3月3日付朝刊、テレビ欄。 イサベル・メキーネス 本編未登場。

19

母をたずねて三千里 登場人物紹介

て 母 千 たずね を 里 三

「母を訪ねて三千里」の原作「クオーレ」が書かれたのは、1886年のイタリアですから、ちょうどイタリアからアルゼンチンへの移住が盛んな時代だったのかも知れませんよ。 仕事がなくて造船所に働きに出るが、1日に16時間も働かされるので3日で仕事を止めてしまい、その後、瓦職人となる。 内容も小学校の推薦図書のような道徳的・愛国的・自己犠牲な内容が非常に多い。

3

母をたずねて三千里で、北へ向かうのに寒くなるのはなぜですか

て 母 千 たずね を 里 三

その昔、蛮族と戦っていた事もあったが、蛮族を皆殺しにしてしまったので、今はいないらしい。 同作品の特色として、冒頭に父の診療所を継いだ40歳のマルコが登場し、自身が長い道のりを辿った幼き9歳の頃を回想する形でストーリーが展開される形態となっている。 かなり口うるさい人で規則に厳しい。

20

母をたずねて三千里について

て 母 千 たずね を 里 三

アメリア・セバーリョス 声 - マルコが再びブエノスアイレスを訪れた際、最初に立ち寄った家にいた娘。 第49話にて男が話している台詞の中で「心配ないさ、ホルヘスの旦那が面倒みてくれる」と出てくるが、面倒を見るのはマルコのことではなく、その男の前にいる子供に言っている模様。

18