北条 氏政。 関東の覇者でありながら評価の低い・北条氏政 【小田原征伐では日本中から集団リンチ状態】

北条氏政~小田原北条4代目~最大の領土を築くも、生きた時代と合わなかった慎重派で愛妻家で家族思い。

氏政 北条

黒田基樹『第二四巻 北条氏政』〈シリーズ・中世関東武士の研究〉、2019年。 北条と聞いて頭に思い浮かぶ下の名前は学校の授業程度しか歴史に興味が無い人は、鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻である、北条政子を思い出す程度でしょうか? しかし、戦国時代にも有名な北条がいます。

16

北条氏政は何故、切腹を命じられたのか? そこに隠された秀吉の思惑とは

氏政 北条

御宿政友• また武蔵国の江戸地域、岩付領の支配を掌握し、利根川水系と水系の支配を確保、これによって流通・交通体系を支配したため、関東の反北条連合は従属か徹底抗戦の二者択一を迫られるまでに至った。 更に下総国の結城晴朝が恭順するなど 北条氏政の勢力は拡大していき、 上杉派の勢力を関東からほぼ一掃したのでした。

20

北条氏政の生涯エピソードや逸話、最後について|歴史イズム

氏政 北条

上杉景勝と上杉景虎という、2人の謙信の養子が争うのですが、景虎は氏康の末子で氏政の弟ですから、北条氏は景虎を支持します。

19

小田原市

氏政 北条

永禄9年(1566年)、上杉家の家臣・ 北条高広(きたじょうたかひろ)が北条家に寝返ったことにより、上杉勢は関東から大幅な撤退を余儀なくされ、この頃から父・氏康は実質的にも隠居し、 氏政・氏照・氏邦・氏規ら自分の息子たちに合戦を任せることが多くなった。 6月には武田信玄が上杉方の 主・ を攻略。

9

北条氏政とは~小田原城主・関東覇者への道のりとその最後

氏政 北条

北条氏を長く苦しめてきた武田氏が瞬く間に滅びていったのですから、氏政も織田軍の勢いには驚いたでしょう。

20

北条氏政は何故、切腹を命じられたのか? そこに隠された秀吉の思惑とは

氏政 北条

氏政はこの時点での信長の勢威を恐れており、織田氏との友好関係は保たれていた。

10

小田原城の歴史

氏政 北条

兄達が自刃を遂げるとそのまま自分も切腹しようとしますが、豊臣の検視役によって止められています。